PAINTING

塗装

塗装の仕上がりは作業者によって大きくことなります。
ディーラーに持っていけば新車と同じ塗料で塗ってもらえると思っていると聞くことがありますが、
新車の塗料と補修用の塗料はディーラーでもディーラー以外でも異なります。
色もカラーナンバーで何色か分かりますが、すべて同じではなく生産ラインや製造時期によってすべて異なります。
特殊塗色などは一部パッケージカラーがありますが、ほとんどが一台一台現車あわせで色を合わせます。

CHARACTERISTIC

国井自動車の塗装の特徴

熟練の塗装技術者が部分塗装から全塗装まで完璧に仕上げます。
技術者が自動車1台1台によって異なるオリジナルカラーに
合わせて調色した塗料を吹き付けいたします。
同じ色の車種でも環境の違いにより、色は微妙に変化しています。
その変化した色に合わせた色を調合し、
隣接パネルに合わせた塗装をしております。

特注の塗装専用ブースにて施工

STANDOX(左):焼付け塗装をする部屋
イタリア製(特注品)

LINES SPRSY BOOTHS(右):焼付け塗装をする部屋
日本製(特注品)

塗料

STANDOX(上):ベンツやポルシェなどの指定塗料 品質を安定させるため定期的に撹拌している。

関西ペイント(下):国産の一流品 品質を安定させるため定期的に撹拌している。

塗装の配合調整

関西ペイント
車の色は基本の色となる物の他、少量で数種類の塗料が混ざり合わさっています。塗料の色を合わせるため0.2g単位を計れる電子ばかりを使用しています。さらに車の色は紫外線などの影響で経年変化するため配合を調整しますが、ここでは経験が物を言います。写真はカバーが汚れているだけ、念のため。