ARK BARIER21

アークバリア21

「アークバリア21」は薄いガラス膜でボディを包む画期的なカーコーティング。
「無機系」ではなく有機物をまったく含まない「完全無機質」であるため溶剤が流れ落ちることは、理論上ありません。
見た目の輝きはもちろん、高い効果を長時間保つ。
それがすべてにおいて本物を目指した、「アークバリア21」の実力なのです。

CHARACTERISTIC

100%完全な無機質ガラスの被膜

有機溶剤を含まない「完全な無機質のガラス」でコーティング
するため高い効果を長期間保つことができます。
“ 深みのある光沢 ” “高い保護効果” “圧倒的な持続性”
において他の追随を許さない「アークバリア21」を
おためし下さい。

少し低年式の車に施工して雨ざらしで置いてありますが仕上がりを見て下さい。

ディラーなどで新車時にコーティングされた方も多いと思いますが、従来のボディーコーティングでは、「光沢」についてはほとんどの製品で満足できるものでありましたが、ボディーコーティングとしてのもう一方の柱である「保護効果の持続性」についての「メンテナンスフリー」に対して決して満足できるものではありませんでした。 これらに対して「アークバリア21」の皮膜は、「無機質のガラス硬化」をしていますので、日常の手入れは水洗いだけで良く、洗車機によるブラシ傷が付きにくく、塗装色が色褪せしにくいなど色々な特徴があります。

一部のディーラーなどで施工されている代表的なボディーコーティング

CPC ペイントシーランド(ワックス系): 新車時5年ただし施工後6ヶ月ごとにメンテナンスが必要
QMI ペイントシーランド(ワックス系) :新車時5年ただし施工後6ヶ月ごとにメンテナンスが必要
ラルグコーティング(ワックス系): 3年ただし、施工後6ヶ月ごとにメンテナンスが必要
ファイブイヤーズコーティング(ワックス系):新車時5年ただし施工後6ヶ月ごとにメンテナンスが必要
ウォーターコート(ワックス系):新車時5年ただし施工後6ヶ月ごとにメンテナンスが必要
珪素ポリマー :一定期間施工し続ける

料金について